一条工務店の見積もり公開!オプション【2021】

こんにちは、Ayajinです。

今回は私達が厳選したオプションを発表いたします。
オプション費用含め、詳細を載せておりますのでご検討材料にお使い頂ければと思います!

一般公開されていないオプションも採用しております!!

オプション合計2,411,230円(地盤改良工事費除く)の内訳です。

  1. 外壁まわりのオプション
    1. 超高耐震仕様-----¥89,800  
      1. ミッドプライウォールとはなにか
    2. ハイドロテクトタイルーーーーー¥389,200
    3. アーバンルーフ 出幅900mm-----¥97,000
    4. 立水栓追加ーーーーー¥8,000
    5. ポーチ階段追加ーーーーー¥20,000
    6. 勝手口ドア網戸ーーーーー¥15,000
    7. サッシ変更 FIXサッシJF5961-----差額¥50,000
    8. 遮熱トリプルハニカムシェード変更-----¥10,500
    9. トリプルハニカムシェード電動式に変更ーーーーー¥40,000
  2. 吹き抜けに関するオプション
    1. オープンステアー階段ーーーーー¥20,000
    2. オリジナルファイン手摺ーーーーー¥141,000
  3. キッチンのオプション
    1. グランドカップボードーーーーー¥449,000円
    2. キッチンカウンター御影石に変更ーーーーー住まいの体験会により無料
      1. ステンレスシンクについて
    3. カップボードカウンター御影石に変更ーーーーー¥105,000
    4. 食器洗い乾燥機、深型タイプに変更ーーーーー差額¥51,000
    5. タッチレス水栓ーーーーー¥29,100
  4. トイレのオプション
    1. 1FトイレをアラウーノS 141に変更ーーーーー¥47,500
    2. 1Fトイレ手洗いカウンター(手動水栓)ーーーーー¥79,800
    3. 2Fトイレをウォシュレット一体型トイレZJ2に変更ーーーーー¥30,000
  5. 部屋オプション
    1. 壁下地補強ーーーーー¥3,100
    2. 壁ふかし特殊施工ーーーーー¥7,000
    3. エアコン工事一式ーーーーー¥122,000
    4. RAYエアコン取りやめーーーーーマイナス¥40,000
    5. 壁クロス変更ーーーーー¥16,000
    6. 天井クロス変更ーーーーー¥16,000
  6. 電気関係オプション
    1. EV.PHEV充電用屋外コンセント一式ーーーーー¥24,500
    2. 電気工事追加ーーーーー¥205,100
    3. 電気工事-----¥2,190
    4. オリジナルLED照明器具ーーーーー¥2,300
    5. 照明器具-----¥358,860
    6. ナノイー発生器3か所ーーーーーキャンペーンで無料
  7. 一般公開されていないオプション【要相談】
    1. SUS化粧丸パイプ施工ーーーーー¥8,600
    2. 壁下地補強 角材敷き詰めーーーーー¥7,300
    3. 電気工事 ミナル付設地ダブルコンセントーーーーー¥1,040
    4. 電気工事 埋込充電用コンセント2ポートーーーーー¥5,340
  8. まとめ

外壁まわりのオプション

超高耐震仕様-----¥89,800  

耐震性能建築基準法2倍になるという驚きのオプション仕様になります。

こちらはちょうどタイミングよく始まったばかりのものです。

一条工務店は耐震最高等級3であるにも関わらず、さらにそれを超える仕様が生み出されたのです。

現在はモニター価格で¥3,000/坪で採用できました。

2倍耐震は、ミッドプライウォールが内壁に採用することで実現できるみたいです。

ミッドプライウォールとはなにか

強度のある構造用合板を両側からたて枠で挟み、釘を打ち付けることにより釘の二面せん断を利用して耐久力がUPした壁のことです。

これにより、地震の力によって内部の釘が変形しやすかったものも、板を通した釘が接する面が2点に増えると地震のズレに対抗するみたいです。

耐震が高まってメリットばかりですが、採用する中で少しデメリットもわかりました。

設計判断が厳しくなる!

壁に取り付けることができる窓の大きさや位置も通常の設計より厳しくなります。

設計士の方も構造計算が大変みたいです!

ただでさえ、設計には一条ルールが多くあって厳しいというのに、上乗せされます。

ハイドロテクトタイルーーーーー¥389,200

こちらのオプションの外壁は、セルフクリーニング機能がありメンテナンス費用を大幅に抑えることができと言われています。

一条工務店HPhttps://www.ichijo.co.jp/technology/element/hydrotecttile/

現在はキャンペーン価格で少し安くなっているようです。

アーバンルーフ 出幅900mm-----¥97,000

玄関の雨除けのために取り付けました。

最初の提案設計図面ですと、2Fに細いバルコニーを作ることで玄関部分の雨除けになっておりました。洗濯物を干す幅もなく、人が立つ幅ギリギリぐらいでした。

そんなバルコニーを雨除けとして設置することでのデメリットが出てきました。

バルコニー空間の掃除が大変

坪単価の半分が施工費になり、使用用途が少ない割には高い

そこでアーバンルーフを紹介してもらい、採用することにしました。

立水栓追加ーーーーー¥8,000

標準で1箇所立水栓がついておりますが、我が家では正面の駐車場と裏庭にもう1つ欲しかったので追加でつけました。

ポーチ階段追加ーーーーー¥20,000

外の玄関前階段になります。標準ですと片側降りみたいですが、左右に降りられた方が便利であると思いましたのでもう片方も追加でつけました。

勝手口ドア網戸ーーーーー¥15,000

こちらは裏庭に面している勝手口でして、将来外で食事をしたりする際に外にいる人と会話をしながら料理ができたらと思い、勝手口に網戸を採用しました。

サッシ変更 FIXサッシJF5961-----差額¥50,000

2F吹き抜け部分の窓はオプションで大きい窓を採用しました。

差額は出てしまいますが、吹き抜けで自然光をできるだけ入れたいと思い決めました。

遮熱トリプルハニカムシェード変更-----¥10,500

標準のハニカムシェードですと、断熱タイプになります。

我が家では真っ暗にして映画を楽しみたいという希望があり設計士の方に相談したところ、遮熱タイプじゃないと真っ暗にならないと教えて頂きました!

遮熱のハニカムシェードを下ろし、照明をシアターモードにセットしてくつろぎ空間を作りたいと思います。実は、複数の照明を”音声”で”簡単に”シアターモードにできます!→こちらの記事を良かったらご覧ください~照明計画はスマートホーム!

トリプルハニカムシェード電動式に変更ーーーーー¥40,000

吹き抜け部2F窓とリビングの大きい窓はハニカムシェードは電動にしました!

電動のメリットは、

リモコン操作だけで簡単に開閉できる

大きい窓の重たいハニカムシェードも楽々開閉できる

デメリット

開閉に時間がかかる

プラス費用がかかる(1箇所あたり¥10,000)

メリット、デメリットを考えた上で全部の窓に採用はやめました。

ちなみに1リモコンあたり4箇所のハニカムシェードの操作ができるので

そちらも検討する上で重要ですね!

吹き抜けに関するオプション

オープンステアー階段ーーーーー¥20,000

2Fに繋がる階段が壁に囲まれて圧迫感がある空間が嫌だと夫婦の意見が一致し、開放感のあるリビング階段にしたいと考えました。

最初は穴あき階段が怖かったのですが、実際お泊り体験で上り下りしてみるとあまり気になりませんでした!

オリジナルファイン手摺ーーーーー¥141,000

こちらは私達にとって高額オプションに感じました。

廊下の吹き抜け部分の手摺になります。

このオプションを採用することにより、自然光がたくさん入って廊下も明るくなり広々感じることができます。

かすみと透明があり、かすみにしました。

手垢汚れを目立たなくするためです!

キッチンのオプション

グランドカップボードーーーーー¥449,000円

270㎝のタイプにしました。

一番大きいサイズになります。

家電収納との組み合わせで180㎝を採用するか迷いましたが

作業台を少しでも多く取りたいということで決めました!

なんと今は、グランセゾン標準仕様のグラビオエッジというDAIKENの内装用不燃壁材をi-smartでも標準で採用できます!

我が家ではカップボード270㎝のため、それに合わせた幅でグラビオエッジを入れています。

デザインもとても良く、嬉しいキャンペーンです。

キッチンカウンター御影石に変更ーーーーー住まいの体験会により無料

早い段階でこのオプションは決めていました!

天然御影石ですと、熱い鍋も置けたり傷がつきにくかったり丈夫そうでいいなと思います。

工場見学をした際に、住まいの体験会の抽選でこちらのオプションが無料になりました。

この抽選会、1等と2等でハズレなしなのですが、2等で上記内容でしたのですごく助かります!

そして、もう1つ。キッチンカウンターを御影石に変更すると自動的に、シンクがステンレスのものになります。

ステンレスシンクについて

このステンレスシンクもまた私達のお気に入りの1つです!

こちらのシンクは”静音シンク”と呼ばれ、水を流したときの音がとても静かです。

お泊り体験の際に体験しましたが、洗い物をしながら家族との会話を楽しむことができて驚きました!!

カップボードカウンター御影石に変更ーーーーー¥105,000

先程キッチンカウンターは御影石と決めていたとお話ししましたが、実はカップボードの御影石は最終仕様打合せで採用することに決めました。

金額のこともあり最初は諦めていましたが、実際に展示場にあった270㎝の御影石カップボードをみたら、見た目が大きく変わる部分だとわかり、御影石の必要性を感じて決断いたしました。

御影石はコーティングを施されているので、最初は水分を良く弾くと思いますが、コーティングが剥がれてきたら他の樹脂製と同じく水分が染み込む可能性があるので、再コーティングをするか、こぼした水分をすぐふき取るようにして気をつけましょう!!

食器洗い乾燥機、深型タイプに変更ーーーーー差額¥51,000

これについては、一条ユーザーさんの教えにより決めました。

実際のお泊り体験でも、深型のタイプで4人分の食器がすぐいっぱいになってしまいました…。

4人以上の家族では、必須かもしれません

タッチレス水栓ーーーーー¥29,100

キッチンシンクの水栓になります。

手をかざしてON,OFFができてとても便利です。

体験しましたが、センサー感度も問題なかったのでおススメです。

トイレのオプション

1FトイレをアラウーノS 141に変更ーーーーー¥47,500

タンクレストイレ掃除しやすい見た目がすっきりする等の理由で採用を考えていました。

タンクがない分、スペースが空き広々感じられます。

1Fトイレ手洗いカウンター(手動水栓)ーーーーー¥79,800

タンクレストイレということで、手洗い環境が必要でした。

一条オリジナル手洗いカウンターは収納力も抜群で、便利そうなので採用しました!

ただデメリットとしては、この手洗いカウンターを入れるのに最低でも1.5帖スペースは必要ということです。その分、玄関スペースを削ったりと考える必要がありました。

ただ1Fはゲストの利用も考えてましたので、少し広めの空間にしたいなとは思っておりました。

ホテルにあるトイレのような、少し高級感を感じられるトイレに憧れています。

出来上がった際には、皆さまにぜひ見て頂きたいなと思っております。

2Fトイレをウォシュレット一体型トイレZJ2に変更ーーーーー¥30,000

2Fも同じくタンクレストイレを採用しようとしていましたが、2Fですと水圧が足りなくなる可能性があるらしいのです。営業の方に確認したところおそらく問題ないだろうとはおっしゃってましたが、ちょっと心配でした。

また、タンクレストイレ+手洗い器を2Fに設けられるスペースがありませんでしたので、タンクレストイレは諦めました。

タンクレストイレ以外を調べていたところ、ウォシュレット一体型トイレがいいのではないかと思いました!手洗い器がついていて、掃除しやすい形状になっていて2Fトイレにピッタリだということで採用いたしました。

部屋オプション

壁下地補強ーーーーー¥3,100

主寝室の壁掛けテレビ用の下地補強になります。

我が家のテレビはすべて壁掛け予定ですので、重要なオプションになります。

壁ふかし特殊施工ーーーーー¥7,000

ヘッダーボックスの部分みたいです。

このオプションは私達からの指定ではなく、設計士の方が必要との判断で採用になりました。

エアコン工事一式ーーーーー¥122,000

我が家が注文したエアコンは、1Fのリビングに三菱製のJXVシリーズのみです。

再熱除湿タイプになります。

他箇所は様子見で先行スリーブということでエアコンの取付穴を開けておいてもらいました。

室外機予定の場所が玄関横にきてた箇所に関しては、先行配管にして室外機予定位置を変えてもらいました。

将来設置予定のエアコンでも、室外機設置予定の場所確認は必ず行いましょう!!

上記金額では電気工事は別になります。

RAYエアコン取りやめーーーーーマイナス¥40,000

床暖房とセットでRAYエアコンが標準で付いてきます。こちらは床暖房とRAYエアコンが同じ室外機を使用する関係らしいです。

室外機を併用して使うので、エアコンと床暖房は同時に使えないということになります。

さらにRAYエアコンをやめた理由としては

エアコンが故障して他のエアコンを取り付ける場合、すでにある配管を利用できない可能性がある

からです。

同じRAYエアコンを設置する場合は話が早いみたいですが、機能面で別のエアコンに変えたいという場合面倒なことになるそうです。

元々の室外機と切り離し、新しいエアコンの室外機を別途設置します。

RAYエアコンはほとんど隠蔽配管らしいのですが、これを新しいエアコンでも再利用できるという保証はなく、前の配管を残した状態で新たに露出配管になるケースがあるみたいで大がかりです。

そこで私達はRAYエアコンに魅力を感じませんでしたので、取りやめることにしました。取りやめにより、40,000引かれました。

壁クロス変更ーーーーー¥16,000

2部屋分をオプションの壁クロスにしました。

メーカーのクロスは採用しませんでした。メーカークロスを一条工務店に依頼するとちょっと金額的に勿体ない感じがあります…

1部屋¥8,000でオプションクロスを採用できるので比較的安価で助かります。

天井クロス変更ーーーーー¥16,000

今回思い切って天井クロスを木目調にすることにしました。

最初はキッチンの部分だけ下がり天井にして木目調の天井にすることを考えていましたが、

下がり天井施工費、木目調のオプションクロス費、他の天井とクロスを変える費用と

さまざまな所で費用が加算されていくので、思い切ってリビング天井全体をオプションの木目調にしました。

我が家は吹き抜けですので、吹き抜け2F天井、廊下も同じクロスになります。

この価格で広範囲がオプションクロスになるので、ある意味お得ですかね!

※ちなみに、玄関部分天井やトイレ部分、脱衣所等は別の部屋カウントになります。

電気関係オプション

EV.PHEV充電用屋外コンセント一式ーーーーー¥24,500

電気自動車の充電に使うことができる屋外200Vのコンセントです。

将来的にEV車になってくると思うので採用を考えました。

太陽光発電設備があるので、自家発電した上でEV車の充電が家で出来るのは便利ですよね!

電気工事追加ーーーーー¥205,100

スイッチ・コンセントの追加費用になります。

後からの工事だと費用が高額になるような内容なので、必要となる箇所を予め想定して多めに設置しました。

設計士さん任せにならず、自分達の生活風景を想像しながら何度もシュミレーションすることが大切です!

電気工事-----¥2,190

こちらは、中角アウトレットボックス費用になります。

我が家のスマートホーム計画では、照明スイッチのボックスに機械を埋め込む必要があります。
一条工務店で計画しているアウトレットボックスは浅型のため、機械が埋め込みできません。
そのため、中型のアウトレットボックスが必要でした。

オリジナルLED照明器具ーーーーー¥2,300

2Fのトイレ照明は一条工務店オリジナルの照明にしました。

センサー付きの照明です。

照明器具-----¥358,860

我が家の照明器具はほとんど自分達で選んだものを採用しています。

基本的には、調光できるタイプ

エリアによっては調色もできるタイプも採用しております。

ナノイー発生器3か所ーーーーーキャンペーンで無料

脱臭効果が期待できる天井埋込形ナノイー発生機になります。

Panasonic HP より

現在、キャンペーンで3箇所無料でついてくるそうです。

設計士の方で図面で場所を決められていますが、自分で場所指定もできるので確認してくださいね!

一般公開されていないオプション【要相談】

SUS化粧丸パイプ施工ーーーーー¥8,600

主寝室クローゼット内のハンガーパイプ施工になります。

一条工務店で通常ハンガーパイプを注文すると1850mm(パイプ上の棚板の高さ)になっています。

コート類は何も不自由なく掛けられますね。

しかし上下別れている服の場合、下の空間が勿体なくありませんか?

我が家では、クローゼット内の一角をパイプ2段施工にしました!

一番上にある棚板の高さは2000mmになります。

DIYで後ほど設置する予定でしたが、相談したところ一条工務店で施工してもらえると知りました!

壁下地補強 角材敷き詰めーーーーー¥7,300

リビングに設置の壁掛けテレビ用の壁下地補強です。

我が家では特殊なテレビ掛けを設置予定しています。
日本では入手不可のため、海外から発注する必要があります。

一般的なテレビ掛けは手前に引っ張ったり、テレビ角度を傾けるのみです。

こちらの物だと、四方八方に動かくことができます!

LDKのレイアウトにもよりますが、角度を上手く調整する事でキッチンからテレビが見る事が出来たりもします。

電気工事 ミナル付設地ダブルコンセントーーーーー¥1,040

カップボードの壁に設けている黒い埋込接地コンセントとフェースプレートになります。

この部分の壁はグレー色のグラビオエッジ施工のため、その雰囲気にあったデザインにしようと採用しました!

電気工事 埋込充電用コンセント2ポートーーーーー¥5,340

キッチンカウンターにUSBケーブルを差し込めるコンセントを設けました。

スマートフォンとかをUSBケーブルで直接充電できるので、結構便利だと思います。

通常オプションには載っていない仕様のため、こちらから相談する必要があります。

まとめ

以上、私達が採用したオプション一覧になります。

こだわり部分を設計士に相談することで、オプションとして採用してもらうことができる可能性があります!

設計士の方もマニュアル通りにいかないやり取りで大変でしょうが、他のお客さんとは違うという認識で提案を頂いたり、ご自身調べてくださったりと力を入れて下さいました。それにより信頼関係がさらに深まったような気がします。

間取りで不安に感じる部分や、こうしたいという願望をぜひ設計士の方に相談してみてください!できるだけ希望を叶えることができる家づくりを目指したいですね!



コメント