アフターコロナでさらに活躍できる資格とは?

こんにちは、Ayajinです。

近年、コロナウイルスによりお金について不安を抱える人がより多くなっているのではないかと思います。

今後の人生における必要なお金があるのか、家計のやりくりが心配

それらの不安を解決させるような知識を持つのが、ファイナンシャルプランナーです。

アフターコロナの不安を少しでも取り除くことができる、家族の家計管理や仕事としてお客様の相談をお受けすることもできる、そんな今後さらに活躍できるであろうファイナンシャルプランナーについてご紹介致します!

ファイナンシャルプランナーとは?

一人ひとりの人生設計【ライフプラン】に対して、金銭面をはじめ幅広い知識のもと、夢のなど実現に導くサポートをするお仕事です。

ファイナンシャルプランナーはFPとも呼ばれています。

家計の予算組み、住宅ローンの借り入れシュミレーション、保険の見直しなどの相談を受けつけます。

銀行や保険会社など企業で活躍するFPもいれば、独立して活躍するFPもいたりで、あらゆる場面で活躍されています。

今後のFP 需要あります!

FPは今後、さらに需要が伸びていくと言われています。

将来への不安お金の問題が特に多いでしょう。

年金と老後資金、教育資金、住宅ローン、人々によって内容は異なりますが、お金についてはほとんどの方が不安に思う部分だと思います。  

その問題の解決することにサポートするFPの存在は大きいですよね!今後FPの活躍場面はより拡大されるのではないでしょうか。

FP資格は、国家資格?民間資格?             

まず国家資格である、ファイナンシャル・プランニング技能検定を受けます。

1~3級があります。

3級は誰でも受験することができます。

2級はAFP認定研修の修了者、FP業務経験2年以上の方、3級合格者のいずれかに該当する必要があります。

1級の受験資格はより複雑な内容になりますので興味がある方は日本FP協会でチェックしてみてください。

そしてFPには民間資格もあります。民間資格は2年ごとに資格更新があります。

2級の合格者が、AFP検定研修を受講するとAFP認定者になることができます。さらに、AFP認定者がCFP資格審査試験に合格し、CFPエントリー研修を受講、一定の実務経験を終えることでCFP認定者になることができます。こちらは上位資格になり、世界水準のサービスができると認定された資格になります。

2021年のFP試験について

出典:日本FP協会HP

2、3級は同じスケジュールになっています。1級は年に1回ということで難易度が伝わってきますね~

試験日の約2か月前に受験申請期限になってしまうので、前もってスケジュールを決めておいた方が良さそうです!

出題形式合格基準についても載せておきます。1級に付きましては、省いておりますのでご了承下さい。

出典:日本FP協会HP

2、3級試験の受験料をお伝えします。

出典:日本FP協会HP

初めて受験する方は、学科実技の受験手数料になります。

勉強方法は?

資格スクールに通う方法独学で学ぶ方法があります。

3級は、独学でも合格率が高いと言われています。

独学では教材を購入し、ひたすら覚えるということが一般的で、場所時間を問わず自分のペースで勉強できます。

資格スクールは合格のための大事な要点がまとめられていますので、試験対策に良いでしょう。

ぴったり講座診断

自分にとって合う勉強方法を選ぶことが大事です!次にある、それぞれの勉強法のメリット&デメリットを参考にしてください。

独学のメリット&デメリット

  • 費用を抑えて勉強ができる
  • 好きな場所、時間に勉強が可能
  • 勉強計画は自分自身で決めるため、甘えがちになる
  • 難しい内容は、自分自身で理解しにくい
  • 試験の難易度が上がるにつれて、追いつけなくなる

資格スクールのメリット&デメリット

  • 試験の出題傾向を把握した上で勉強ができる
  • 試験日までの勉強スケジュールが決まっている
  • 効率的に覚える術を学ぶことができる
  • 費用がかかる
  • 通う場合は手間がかかる

まとめ

今回、ファイナンシャルプランナーについての学んできました。私自身この資格は、日常生活に関わる内容が多いため親しみを感じられる資格だと思いました。

私はFP入門としてまず、3級の試験に独学で挑戦します!

独学での勉強に興味がある方はファイナンシャルプランナー独学の勉強方法を紹介をご覧ください。

資格取得を目指す方、一緒にがんばりましょう!!

コメント